青木琴美さんの漫画が原作となっている、

映画「彼女は嘘を愛しすぎてる」 。






20131208-101541.jpg



漫画は12巻まで刊行されていて、
8巻までだけでも
累計発行部数250万部を越えている大人気漫画。



20131208-101608.jpg

監督は、
『タイヨウのうた』を手がけた、
小泉徳宏さん。
『美女か野獣』、『働きマン』、
『岳-ガク-』、『僕等がいた前篇・後篇』など
数々の映画を手がけた吉田智子さんの脚本です。




あらすじとしては、



人気バンドCRUDE PLAYを
デビュー前に辞め、
天才サウンドクリエーターとして、
楽曲提供をしている小笠原秋(佐藤健)ですが、
その作った曲は
CRUDE PLAYが所属する
音楽プロデューサーの高樹総一郎(反町隆史)の名前で
表向きは公表されていて
ゴースト状態です。

金儲けのための音楽の世界には
嫌気をさし、
また自分の現状にも同時に嫌気がさしていました。

その秋が
女子高生の小枝理子(大原櫻子)をナンパしたところ、
理子もバンドを組んでいて
CRUDE PLAYのファンということ。

自分が元CRUDE PLAYで
ゴースト・プロデューサーであることを隠してしまう秋。


そして理子はプロデューサーの
高樹からスカウトされ、
軽い気持ちでデビューすることになり、

理子の夢が叶うにつれて、
秋との嘘から始まった恋が本当の恋になっていくようなストーリーを

豪華なキャストさんたちが演じています。




キャストは、




佐藤健 さんは 小笠原秋 : 天才サウンドクリエイター。人気バンド「CRUDE PLAY」をデビュー前に脱退。

大原櫻子 さんは 小枝理子 : MUSH&Co.のボーカル&ギター。クリプレの大ファン。

三浦翔平 さんは 坂口瞬 : CRUDE PLAYのボーカル。親友・秋の才能を大切の思う人。

窪田正孝 さんは 篠原心也 : 実力派ベーシスト。秋がCRUDE PLAYを脱退したため加入。

水田航生 さんは大野薫 : CRUDE PLAYギタリスト。秋の幼なじみ。

浅香航大 さんは矢崎哲平 : CRUDE PLAYギタリスト。秋の幼なじみ。

谷村美月 さんは 長浜美和子 : ハーストレコーズハーストA&R。

相武紗季 さんは 茉莉 : 日本を代表する歌姫。

反町隆史 さんは高樹総一郎 : オフィスタカギの社長、秋の才能を認める人物。

吉沢亮 さんは 君嶋 祐一 : MUSH&Co.のギタリストで理子に片思いしている。

森永悠希さんは 山崎蒼太 : MUSH&Co.のドラムで理子の幼なじみ。


俳優さんと漫画の画像です。





20131208-101702.jpg

20131208-101707.jpg

20131208-101713.jpg

20131208-101718.jpg

20131208-101723.jpg

20131208-101727.jpg

20131208-101732.jpg

20131208-101736.jpg

20131208-101741.jpg



ヒロイン・理子役は、
オーディションで選ばれました。


一般募集の中5000人の中で勝ち抜いたのが
大原櫻子さんです。




20131208-101817.jpg



このオーディションは

最初から演技が下手なコネ女優をデビューさせるための

出来レースだと映画化決定当初から言われていました。



原作ファンも多いので無理もありません。

実写に快く思わない方も多かったのでしょう。



そして大原さんの父親は

俳優で

深イイ話や、世界番付、

行列のできる法律相談所などで

活躍されているナレーターの林田尚親さんであることが明らかになっていますので、

そのことから

出来レースであるという可能性が高まってしまい、

ネット上では出来レース確定されてしまっていますね(笑)

しかし歌声は確かなもののようで

オーディションの際には

音楽プロデューサーも
絶賛していたようです。



オーディションのことは納得されていなくても、

歌唱力を評価しているネットの意見も多いようですし、

これから歌手としても注目されそうですね。



演技は

まだまだだという声も多く、

デビュー作なので仕方ないのかもしれないですね。



佐藤さんの演技は素晴らしく、

役にあっていると評判も良いようです。