だんだん暖かい日も増えてきて、
春の兆しがみえてきました。


暖かい日は気持ちが良いですが、
それとともにやってくるのが花粉症。






20140201-153112.jpg


悩まされる方も多いでしょう。


花粉症によって引き起こされる肌荒れがあるそうです。

花粉により身体がアレルギー反応を起こし、
目をかいたり、
鼻を一日中かんだりといった摩擦で

花粉皮膚炎を起こします。




20140201-153245.jpg



季節的にも気候や温度変化が大きく、
乾燥していて、
紫外線による負担も春は大きくなります。


顔全体にかゆみがあらわれ、
顔が腫れぼったくなり、
肌が乾燥して粉っぽくなるというのが主な症状です。



薬は、
花粉によってひきおこされた症状ですので、




20140201-153154.jpg
抗アレルギー剤の服用、
保湿剤やステロイド剤の外用を行うのだそうです。

なので市販のニキビ薬やかゆみどめでは効果は期待できない上に、
悪化させてしまうこともあり得るので、
使用しない方が良いでしょう。



花粉皮膚炎の対策としては、
皮膚に花粉が付かないような対策をすることが大切です。


外出時は皮膚の露出を少なくし、
衣服は表面のさらっとした、花粉の落ちやすい生地にし、
ついた花粉を払い落とせる素材にすること。

屋外に洗濯物を干すときには、
取り込むときにしっかり花粉を払い落として、
花粉が直接皮膚に触れないようにすることも必要です。


黄砂や車の排気ガス、
そして話題のPM2.5は、
これらの皮膚炎の症状を肥大させ、
アレルギー悪化させてしまいますので、
大気汚染にも注意が必要とされています。


紫外線対策をしっかりとし、
お風呂で洗うときも、
ごしごしと荒いタオルで洗うより、
大きな泡を作って
全身を手で洗うことが、
皮膚にダメージを与えずに
洗うことができるので良いとされています。

そのときのボディソープは、
濃度が濃いことで皮膚に強い刺激を与えてしまいますので、
少なめの量が好ましいです。


すでに花粉症の方も、
まだなっていない方も、
早めのケア、毎日のケアが大事ですね。





20140201-153237.jpg