日本国民なのにはじめて知ったのですが、

建国記念日と
建国記念の日って
ちがうそうなんです!







20140129-145625.jpg

2月11日は
『建国をしのび、
国を愛する心を養う日』

として、
1966年に「建国記念の日」に定められました。


建国の日とは関係なく
建国されたという事実そのものを記念する日だからだそう。


神武天皇が即位した日を日本の建国された日として祝うことは、
戦後占領軍の意向で祝日ではなくなり、

その後、
復活させようという動きが高まり、
反対する動きを抑えて

建国を記念するための祝日を設けることができ、

その際に
「紀元節」から「建国記念の日」
に改正されました。

そして、1966年に国民の祝日に認められました。



建国記念日は文字通りに、
建国された記念日です。




20140129-145647.jpg


神社本庁などでつくる
「日本の建国を祝う会」


が式典を開いたりしていますが、

その式典は、
建国の精神が将来に受け継がれるように、
建国を祝う行事を政府が主催して実施するように、
として行われています。


一方、

歴史研究者や教職員など
その式典を反対する方々が集まり、

『建国記念の日に反対する集会』

が開かれたりもしています。

反対派の中の
東京学芸大学名誉教授の君島和彦さんは

「国民を戦争に動員するために使われた紀元節が、

戦後、建国記念の日として復活した。


思想と信教の自由を守るため、
反対の運動を続けていくことが重要だ」


と言っていました。


現在の日本国憲法は
国民主権を宣言していて、

国は国民全員のものであり、

天皇が主権者で国民はその下で生かしてもらっている
というような国ではなく、

天皇中心主義を讃えるような
「建国記念の日」

は、
信教・思想・報道の自由を
損ねる恐れがあるのだとして反対されているようです。



なんにも考えていない私たちにとっては、
建国をお祝いする日でいいのではないかと思ってしまうのですが、
浅はかすぎますかね?



そしてその集会にさらに反対するのが、
天皇主義な右翼団体です。


ガードレールを越えて殴りかかった、ら、
背後から参加者を蹴り上げるという暴力行為もみられたそう。





20140129-145710.jpg

20140129-145722.jpg

右翼の暴力に断固として反撃し、
警察権力の介入を許さず、

「皇室外交反対!」

「日の丸・君が代いらない!」


との、
右翼対反対する集会の戦いも見られたそうです。

すさまじいですね。


こんなことがあったなんて知らなかった私はどれだけ平和ボケなのか..


しかし暴力沙汰はこわいし、
よく無いのでもうなにが正しいのかわからなくなってしまいます。


一体今年はどうなることやら..