ワーキングホリデーなどが流行っていて、
海外で勉強をしたい、
他の国に触れたいなどといった方が増えています。








20140128-155032.jpg

しかし



実は

留学した方が十分に英語を話せるようになっているということは、
ほとんどないのだそうです。


学校で教えられている英語というのは
自然と、
『暗記』によってできるようになるものだというおしえ方をされています。


しかしながら、


英語は暗記で覚えられて、
頭の中では理解をすることができても、
発音などは話さないとわかりませんし、それもなかなかむずかしい。

なので、暗記でのみ覚えていても、
話せるようには一生ならないのだそう。

学校にまで通って、
時間もお金もエネルギーも使って、
期待する成果が得られていないということがほとんどだといいます。


なのでそんなお金や労力を使うのであれば、
行動力のみで外国に飛び込んで行ってしまう方が、
効果的だそうですね。

しかしそんなこと、
ほとんどの人は難しいものです。


会話となってくるとまた別の感覚になるので、
自分の意思や気持ちをきちんと伝えられるようになるのはすごく難しそうです。

海外生活しながら英語を学ぶと、

「英語が上手くなって当たり前」


と思って自信過剰になる方も多いとか。

そんな勝手な思い込みや、
暗記での勉強が根付いてしまっている日本人には、
留学での英語習得は難しいと言えます。


そこの学校に通えば大丈夫という、
根拠のない安心や、
それ自体を目標としてしまっているところや、

たったの数ヶ月でぺらぺらに話せるようになることを期待したり、

日常生活からの英語を学ぼうともせず、
授業だけうけていれば話せるようになるという、
受け身の姿勢。

留学先ではその同じ留学をしている留学仲間と仲良くなり、
その居心地のよさで満足してしまい、
結局英語を学ぶという積極的な行動ができなくなります。


こういったことも多く、
なかなか留学にいったからといって英語習得ができりわけではないようです。


しかしながらやはり、

いった方からは、

『楽しかった』

『いってよかった』




20140128-155103.jpg
といった満足な感想が多いですね。


留学したからといって話せるようになるということには、
皆さんさほど期待されていないようです。