女の子のいる家庭ではそろそろお雛様を出す時期ですね。

華やかな桃の節句、
どう過ごされますか?







20140124-142608.jpg

立春の2月4日頃から2月中旬にかけて、

日の良い日を選んで飾りましょう。



現在では新暦の3月3日に祝うところが多くなりましたが、

地方によっては月遅れの4月3日に祝うところもあるのだそう。



女の子の成長を祈るために行われる行事として、

古くからあります。



ひな人形は子供に降りかかる厄を

身代わりに受けてくれるとされています。

ひな人形を飾り、
桃の花を飾って、
白酒や寿司など飲食などを楽しむ節句祭りで、
雛あられや菱餅を供えます。



雛あられには、



20140124-142635.jpg

「1年中娘が幸せに過ごせるように」

という意味があり、



菱餅には、



20140124-142705.jpg


緑は「健康や長寿」、

白は「清浄」、

ピンクは「魔除け」


という意味があると言われています。



そして
ちらし寿司とハマグリのお吸い物が定番であり、
ハマグリは貝がらが一対で
自分のフタでなければ絶対に合わないことから、
これを夫婦に例え、
良い伴侶に恵まれ幸せになる
という言い伝えがあります。

長寿を祈る白酒も供えます。



最初、ひな祭りは野外での行事だったので、

野外でも安心してたべられるように、

ひなあられができたのだそうです。





起源は

平安時代の京都で

貴族の女たちの中で

小さい御所に似たものを飾ったとされています。

当時はただの遊びとしてされていて、

ひな遊びと呼ばれていたそうで、

また、

川へ紙で作った人形を流す

「流し雛」というものも行われていて、

「上巳の節句」として

雛人形は災厄よけの守り雛とされていました。



そして、

江戸時代には、

ひな遊びと、決まった季節に行われていた流し雛の儀式とが合わさり、

3月には人形が飾られるようになったようです。



江戸時代後期から、

ひな人形に着物を着せたりと、

いろいろな種類の人形が作られたようです。





今ではリカちゃん人形のお雛様まであるようですね!



20140124-142736.jpg
すごくかわいくて、

もっと前に知っていたら自分の子の雛人形にはこれを選びたかったなぁと思いました。



しかし実際雛人形の起源については、色々な説があり、

はっきりとはわかっていないとか。



雛人形は、

母親の実家から用意されるのが一般的なようで、

嫁入り道具としても言われていました。

雛形として婚家へ贈ったという意味もあったたからだそうで、

孫が女の子なら母方、男なら父方となっている地域もあるようです。



最近は写真をスタジオで撮りに行ったりすることも多いようです。



何にしても記念になるものは大事ですし、

素敵ですよね。



お祝いを頂いたら、
「内祝い」としてお返しをします。

戴いた日より 1 週間くらいに、
お礼状と、
桜餅、和菓子、ケーキ、赤飯を添えて送るのが一般的です。




20140124-142757.jpg