そろそろ、
鬼は外、福は内!
な節分がやってきますね!

みなさんのお家には、
飾り付けや、
豆まきをしたりしますか?


その飾り付けの、
節分いわし..



20140108-135522.jpg
正式には、
「柊鰯(ひいらぎいわし)」、
「焼嗅(やいかがし)」
というそうです。


飾り付けはどこの地域でも
だいたい同じで、
焼いた鰯の頭だけを切り取って、
柊の枝に刺すこと。
そして玄関や門に結びつけたりして、


飾ります。



「鰯の頭という
他の人から見たらヘンテコなものでも、
信じる人からしたら、
ありがたいものだ」

という意味の、


「鰯の頭も信心から」
という、

ことわざからきているそうです。



そして
頭を焼くのは、

匂いを強くするためなんだそうです。




20140108-135608.jpg

鬼は鰯の匂いが嫌いなので、

寄り付かなくなるとか。

近寄ってきても、
柊の葉のとげとげで
鬼の目を刺すので家へ入れないのだそう。


だいたいは
小正月といわれる1月15日の翌日から、
節分の間にかざるそう。


塩で清めてから包んで捨てる、
灰になるまで焼いて玄関に盛る、

玄関先に埋める、

神社でお炊き上げをする


など、
様々な方法の処分法があります。

そもそも、

節分という風習は中国が発祥で、


この節分いわしは、
西日本でおおく普及していたそうです。

地域によっての違いがあるというか、
節分いわしを飾っているのは
関西がほとんどで、
関東のほうではあまり行っていないものと思われます。

我が家でも無かった気がしますが、
健康のためか、祖父だけは鰯を食べていた記憶があります。

食べるというのも西日本でだけ行われているようですね。



20140108-135549.jpg
いわしを焼くと出る煙とにおいで、
悪い邪気を追い払うといわれていますし、
いわしは健康にも良いので、
食べるに越したことはないでしょうね。


節分にかんしての無料ダウンロードはこちらで。

おめん
http://happylilac.net/oniomen.html


絵本
http://web.picvo.net/ja/koehon/pict/433


鬼は外にだして、
幸せな一年になりますように。




20140108-135635.jpg